独学合格のための勉強法

社労士, 独学

社労士試験に独学で合格するための教材選び、そして学習ツール作りについて述べたところで、つづいて具体的な勉強法のポイントについて解説したいと思います。

<インプット学習のポイント>
基本書を読み込んで、知識のインプットを図っていくわけですが、いきなり本文の1ページ目から読み始めてはいけません。まずは必ず、目次をチェックしてください。目次には、単元が並んでいます。そして、その横にはページが記されています。ページ数が多く割かれている単元というのは、それだけ学ぶことの多い重要単元ということです。そのことを意識するだけで、たとえ独学であっても、基本書の通読学習を、メリハリをもって行うことができます。
また、基本書の該当箇所には、過去問の出題年数が併記されていると思いますが、ここも要チェックです。なかには、同じ個所が何度も出題されているケースもあります。そこは当然、重要な内容となりますので、通読の際には深く読み込む必要があります。

<アウトプット学習のポイント>
社労士試験の出題形式のひとつに「択一式」があります。択一式というのは、5つの選択肢のなかから、内容が正しい(あるいは正しくない)解答をひとつ選ぶというものですが、本試験では、適切な選択肢さえわかれば、他の選択肢は無視してかまいません。しかし受験勉強の段階では、たとえ適切な選択肢がわかったとしても、残りの選択肢についても、その正誤をしっかりと判定するようにしてください。適切な選択肢をひとつ答えて終わりにしてしまうのと、5つすべての選択肢について正誤をしっかりと判定するのとでは、学習効果は何倍も違ってきます。また、単に正誤を判定するだけでなく、「なぜ正しいのか」「なぜ誤りなのか」、その理由についてもきちんと答えられる状態にまでしておくことが肝心です。

<模試活用のポイント>
独学で社労士試験の受験勉強をしてきた人こそ、模試を存分に活用したいものです。時間制限のある試験の緊張感を体感するも良し、大勢の人のなかで受ける試験独特の雰囲気に慣れるも良し。ちなみに模試というのは、受験指導校が長年の研究に基づいて作成する、その年の予想問題でもあります。結果に一喜一憂するだけでなく、復習をしっかりと行うことで、本試験で出題されたときに、しっかりと得点できるようにしておくことが大切です。

>>予備知識や勉強時間が足りなくても合格できる勉強法なら